レゾンドゥスリール快勝 阪神新馬戦

新馬戦考察

1着 レゾンドゥスリール

まずまずのスタートから5番手につけました。スローの流れで外からきたドリームマローネに連れてあがっていき先頭まで並びかけるところまでいきましたが、その後3番手に控えました。

その後はスムーズな競馬で直線は、危なげなく抜け出して1着となりました。上がりは2着馬と同じ33.4で、3/4馬身差ではありますが完勝と言えます。

改めてパトロール等でも確認してみると、3コーナー手前であがっていったシーンは無理に抑えた感じではなく、レース自体のペースの問題だったように思います。また直線は内にいた馬とやや離れながら、まっすぐに走っており、新馬戦としてはかなりよいレースだったと言えるのではないでしょうか。

2着 アンドヴァラナウト

好スタートから4番手につけますが、やや持っていかれ気味の走りとなりました。パドックの雰囲気からもこのあたりは予想通りでした。

1、3着馬が3コーナー手前であがっていったときに、抑えたため一旦6番手となり、その後内外の差で3着馬より前に出て5番手で直線に入ります。

1、3着馬の間に入って、少頭数の割にややスムーズに追い出せない感じとなり、1着馬との差を詰められずに2着となりました。

競馬を覚えるという意味では、3コーナー手前で抑えが効いてよかったとように見えますが、今日の結果で言えばスローの流れで位置取りを下げてしまったことはマイナスだったように思います。

3着 ドリームマローネ

やや立ち遅れ気味のスタートでしたが、特に置かれることもなく6番手につけます。

3コーナー手前であがっていきますが、1着馬と同様に抑えた感じもなく6番手に戻っているため、かかったわけではなさそうです。

直線に入って伸びあぐねているような走りに見えましたが、上がり33.5秒の脚を使って最終的には1馬身強の差まで詰めており、見た目以上に伸びていたような印象を受けました。

4着 ヴィアルークス

5分のスタートから無理することなく先頭に立ち、スローの流れに持ち込みました。

5着馬がずっとぴったりとつけていましたが、それほど影響はなかったように思います。

よい流れで直線に入りますが、内ラチが途切れる部分で内に切れ込んでしまい、一時的に追えないタイミングが発生しました。

スローの瞬発力勝負となったので、勝つのは難しかったかとは思いますが、最後まで止まっておらず、直線がスムーズであればもう少し上位と際どかった可能性もあるのではないでしょうか。

5着 クレッセントブーケ

まずまずのスタートから2番手につけ、スピードに乗ってからは単勝万馬券の馬とは思えない軽快な走りを見せました。

さすがに直線では離されてしまいましたが、最後もそれほど止まっていないように見えるので、距離の問題ではなく瞬発力の差によるものなのではないかと思います。

パドックから落ち着きのない感じでしたので、今日は前線と言えるのではないでしょうか。

8着 ケイアイシェルビー

出遅れてダッシュがつかず最後方となり、直線も最後方で迎え殿負けとなっています。

パドックから後肢の踏み込みが弱そうに見せてましたが、走りもふわふわした感じで、今日の時点では様々な面で上位とは差があったように思います。

タイトルとURLをコピーしました