イースタンワールドが強い勝ち方 アルビージャは2着 東京新馬戦

新馬戦考察

1着 イースタンワールド

1番人気のアルビージャに1馬身半差ではありますが、外から力強く抜け出し強い勝ち方となりました。

直前のポリトラックでそこそこの時計を出していたものの、あまり注目された存在ではありませんでしたが、6番人気ではありますが、そこそこ買われていたように思います。パドックは好気配でした。

スタートはまずまずよく、3番手の外につけ折り合いはついていました。4コーナー手前で1番人気が迫ってきたときも手ごたえ十分で、直線では追い出してからの反応が素晴らしく一気に突き放しました。

全然評判になっていませんでしたが、強い内容でした。

2着 アルビージャ

スタートはもっさりとした感じで出遅れ気味となり、後方二番手の展開となりました。

外から徐々に位置取りを上げて3コーナー過ぎから一気にあがっていき、4コーナーでは勝ち馬の後ろにつけました。

追ってからよく伸びており、上がり最速の33.5で追い込みましたが、勝ち馬に届きませんでした。

出遅れての今日の位置取りでは、勝ち馬の瞬発力にやられたのも仕方ないかなという気がします。ラスト100mあたりのストライドの伸びは目立っており、今後は楽しみな馬のように思います。

3着 シルブロン

スタートはあまりよくありませんでしたが、内目の6番手あたりを進みました。他馬よりも微妙に手ごたえで劣るように見え、直線も内寄りに入ってしまったので厳しいかなという印象でしたが、追い出してからはよいフォームでの伸びを見せて3着となっています。

スローで団子気味でもあり、あれ以上外に出せるシーンもありませんでしたので、通ったコースの差で今日はしょうがないように思います。

4着 ミッキーセレスタ

スタートの出はあまりよくありませんでしたが、位置をとりにいって、内の3番手につけました。

直線入り口では十分の手ごたえでしたが、伸びがいまひとつで4着となっています。

3着馬のひとつ前のポジションにいたわけですが、直線では意識して最内に突っ込んでおり、鞍上らしいと言えばらしいですが、あの位置は伸びないのではないかと思います。

6着 メイショウセッサイ

パドックで右後ろの蹴りを何度も見せていて、気性面の成長が必要そうです。

タイトルとURLをコピーしました